雛人形/ひな人形・五月人形・羽子板・破魔弓・鯉のぼり通販販売の人形屋陣屋
雛人形・五月人形・鯉のぼり・破魔弓・羽子板の通販販売は人形制作の人形屋じんやトップバナー
雛人形・五月人形の人形屋jinyaトップページ 雛人形・五月人形の人形屋jinyaの店舗概要とアクセスマップ 雛人形・五月人形の人形屋jinya雛人形と五月人形のFAQ 雛人形/ひな人形のじんやお問い合わせ 雛人形・五月人形のjinyaリンク集

 

ひな人形(雛人形)・五月人形の保存方法

 

 

★人形の保存方法

ひな人形を長もちさせ、毎年、ひな祭りにきれいなひな人形を飾って楽しむには保存の仕方が重要です。

お客さまに保存法をきかれたら、まず人形を大切に、愛情をもって扱うことを教えましょう。

そして具体的には、次の注意事項を説明して下さい。

◎湿気は大敵

人形には湿気が一番の大敵。

湿度が高すぎると顔や衣裳にカビがつき、顔に黒いシミがついたり、衣裳が変色してしまいます。

◎乾燥しすぎも禁物

逆に乾燥しすぎると顔にヒビが入ったりして大切な人形が台無しになりかねません。

とくに飾っているときに直射日光が当ると変色の大きな原因となるので、これは絶対に避けて下さい。

◎ホコリやゴミをよくはらう

ホコリやゴミが人形の顔や衣裳につくと、顔がくもったり、衣裳が褪色したりします。

人形をしまうときには、羽根バタキや穂先をバラバラにした小筆で十分にホコリ、ゴミを落して下さい。

◎頭を汚したり傷つけない

柔かい布や紙で頭を軽く包んで、汚れたり傷にならないようにします。

このとき人形の顔に手や指が触れると脂がうつり、ホコリのつく原因になるのでとくに注意して下さい。

胴体のほうも柔らかい紙でおおってチリのかからないようにします。

◎型くずれしないように

人形を紙などでくるむときに、強くすると型くずれする原因になるので注意します。

衣裳人形はたもとのふくらみをつぶさないように袖口に薄紙を入れるとよいでしょう。

箱の中に人形を納めるときにも、すき間につめる新聞紙などで型くずれしないようにします。

◎ポリ袋に一体づつ

箱に納めるときには、人形を一体づつポリ袋に入れて密封し、新聞紙などですき間をうめて、中の人形が箱の中で動いてぶつかり合わないようにします。

◎防虫剤は人形に直接ふれないように

防虫剤の使用については、協会の注意表示ラベルをみて下さい。

箱の中に防虫剤を入れるときには、直接人形にふれないように十分注意して下さい。

量も多すぎないことが肝心です。

プラスチック製の頭や道具類はとける恐れがあるので注意して下さい。

◎年に一回は虫干しを

箱に入れた人形は湿気のとどきにくい押入れの上段や天袋など高い場所にしまいます。

そして、年に一度、十月ごろのよく晴れた日にカラッとした風にあてて虫干して下さい。